株式会社カタリスト琉球では、第70回 国連総会において、193の加盟国が全会一致で採択した、「我々の世界を変革する持続可能な開発のための2030アジェンダ」の持続可能な開発目標を支援し、持続可能な消費と生活パターンを確保するため、安心・安全・丁寧なものづくりを推進しています。

目標12:持続可能な消費と生産のパターンを確保する

持続可能な消費と生産には、資源効率の改善と省エネの推進、持続可能なインフラのほか、すべての人に基本的なサービス、環境にやさしく、やりがいのある仕事、生活の質的向上を提供することが関わってきます。

これを実現すれば、全般的な開発計画の達成、将来的な経済・環境・社会コストの削減、経済的競争力の強化、さらには貧困の削減に役立ちます。
持続可能な消費と生産は、「より少ないもので、より大きな、より良い成果を上げる」ことを目指します。ライフサイクル全体を通じて生活の質を改善する一方、資源利用を減らし、地球の劣化を緩和し、汚染を少なくすることで、経済活動から得られる利益を増やします。

※我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ(国際連合広報局)より引用

シンジムンとは

沖縄の方言で、煎じたものという意味で使われています。滋養強壮、薬用目的で素材を長時間煮込んで調理するものです。

代表的なシンジ料理としては、「チムシンジ:豚の肝と野菜を煮込んだ物」「イラブーシンジ:ウミヘビと豚足、野菜等を煮込んだ物」等があり、煎じることで素材の有効成分を十分に引き出すことが出来ます。

チムシンジ(豚レバー、島ニンジン、冬瓜)

「シンジムン」沖縄に古くから伝わる滋養強壮目的で煎じる調理法。チムシンジ(豚レバーと野菜を煎じたもの)

先人達の知恵を生かした製法:発酵シンジ製法

シークヮーサーを果汁でシンジ(煎じ)たもの ※製造イメージ

発酵させたシークヮーサー果皮を、果汁で贅沢に【シンジ(煎じ)】て創りました。果皮のアクを取り除き、ビタミンPを増やすことが出来ます。

琉球大学との共同研究で開発した加圧加熱法(加水分解)を、沖縄に古くから伝わる調理法【シンジ(煎じ)】として製造工程に取り入れました。化学薬品、有機溶媒等を使用せず、天然素材由来の成分を含む果汁を使用することで有効成分(ヘスペリジン)を果皮中に濃縮(2.5倍)致しました。

本事業は、平成29年度沖縄ブランド商品創出促進支援事業により実施致しました。

【シンジムンの力】 シリーズのご紹介

【発売予定日変更のご案内】

ベヂカラサプリは、2018年3月の発売を予定しておりましたが、2018年5月以降に予定を変更させて頂くことになりました。
現在、商品化を進めておりますが、お客様により満足して頂ける商品とするために、最終の調整を行う時間が必要となりました。
お問い合わせ頂いたお客様、メディアなどのご関係者に大変ご迷惑をお掛け致しますことを心よりお詫び申し上げます。
発売日程について詳細が決まりましたら再度ご案内致します。
皆様の食卓へ【食べる楽しさ】をお届けできるよう、従業員一同より一層精進して参りますので、変わらぬご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

発酵シンジ製法により開発した発酵シークヮーサーシンジに機能性成分を配合し、ベヂカラサプリとして2018年3月より販売予定です。

お知らせ

2018年02月27日
SankeiBizに取材記事が掲載されました
2018年02月09日
健康博覧会2018
2018年02月05日
経営革新計画承認
2018年01月31日
健康博覧会へ出展
2018年01月30日
オフィシャルサイトを公開しました
ページのTOPへ